家財どーる

人里離れた山奥にいるスタジオがゼロ用、ひっそりと建っておる。そこには身の回り大型の貨物が出入りしており、中からは女房の嬌声が聞こえると言う。
で、こういうはなしはあんなスタジオの配下です己の業務を語ったものだ。
己・横井大輔。己の業務はこういうスタジオに大量の女房を連れてきて、商品に変えてから客人へ出荷する状況。意味が分からない?だろうな。
「おらっ、きりきり歩け!」
若い美女、美少女たちを何十他人も連行し、スタジオへと運んで現れる。で、その後はめいめい二いる薬物を注射入れ物で投入。女房たちは泣き叫ぶがそっちのけです。
「ほら、あっという間にハコベ!」
「うん!」
で、その女房たちはどうなるかというと、女房席を始めとした家財に繋がる。なるほど、またも判読の型式を飛び越えさせる公開をしてしまったかもしれないな。
だが、本当です。美女たちを裸体にし、席なら席の様式を取らせ、運命を過ごさせる。これが己の業務です。
だがそんな女体家財を身の回り見て己は徐々に欲しくなって仕舞う。
元来、根気出来ずに女席をゼロテーブル、いや、自力買って仕舞う。ぶっちゃけういういしい裸の女房を自力買ったと思ってくれていいな。
く、くそ。ヤって引き上げる。ヤってやり遂げるぞ!!
読物作品は旦那仕様作品。
奥様を女体家財という家財にし、エッチしまくるというはなし。うん、非常に奇抜な作品ですよね。私もこの手の作品は数多く見ていますが、類似した作品はわずか思い浮かびません……というか、性コンサルテーションが意図なら家財にしなくてもいいんじゃね?とか思いますが、こんな今一異議はいけないのです!
あくまで女体の家財。四つん這いになった美少女とエッチやる!こういう事態を楽しむ作品だ。しかもキャラクターの意欲はどんどんとエスカレートして赴き、女体席だけでは満足出来ず、二度と上のカタチ……もってのほかのシャッターを開けてしまう。
はてさて、女体席より上のエロい家財とは!?そこは願わくはご自身の目線で確認してほしいですね!
読物作品は全編全部色あいだ。しかもはなしも長くなく、値段も安っぽい。非常にコスパが良いと思います。図表も甚だしく綺麗で、見ていて飽きません!
しかも方々ウェブサイトでのレビューも無論高名。ですよね。攻めも受けもどっちもいいんですから。図表もはなしも喜ばしいし、不満な種目など何らありませんよ!
善悪一度、試用を読んでみてください!後悔しないクオリティだ!
フルーツ青汁